[ English | 日本語 ]

SWRC Fit - 土壌水分特性曲線の非線形回帰プログラム -

土壌水分特性(水分保持曲線)の測定データをいくつかの土壌水分特性モデルによって近似し、まとめてパラメータを決定することができるフリーソフトを公開しています。 このプログラムには、以下のような特徴があります。

  • パラメータの初期値などの面倒な設定はプログラムが自動的に行うため、測定データを入力してプログラムを実行するだけで良い。
  • ウェブインターフェイスによりワンクリックで計算し、グラフを描画できる。
  • 手軽に正確な計算ができることから多くの研究で使われている実績がある。
  • より細かい設定で計算ができるオフラインバージョンは、数値計算言語 GNU Octave によって記述されているため様々なOSで動かすことができる。
画面

土壌水分特性曲線

ウェブインターフェイス

icon Webバージョンです。「# ここにデータを貼り付ける」とあるところに水分特性のデータを入力して「計算」ボタンを押すと、計算結果とグラフが表示されます。

オフラインバージョン

最新バージョンは2016年9月10日にリリースされたバージョン3.0です。Fredlund and Xing (1994)のモデルを追加しました。詳しくは更新履歴を参照して下さい。

引用

SWRC Fit を使った研究成果を公表する時には、この論文を引用して下さい。 多くの研究で使われています

BibTeXEndNote のファイルもあります。

資料

質問

SWRC Fit に関する質問の一覧は こちらで見ることができます。あなたの質問を投稿するためには、GitHub のアカウントを取得して緑色の 「New Issue」ボタンを押して下さい。 Label は「question」を選んで下さい。日本語での質問も可能です。 質問を公開出来ない場合には、作者にメールを送って下さい。


このページのPURLは http://purl.org/net/octave/ です。(PURLとは?)

管理者: 関 勝寿 (ご意見・ご要望をお寄せ下さい)

This site is hosted by SourceForge.net Logo